2005年のKia Sorento対2005年のChevrolet Blazer:どちらを買うべきか? 2020 |記事

2005年のKia Sorento対2005年のChevrolet Blazer:どちらを買うべきか?


SUVは泥の中で遊んだり、子供や友達を別の場所に連れて行ったり、町のまわりで余暇を楽しんだりするのに最適です。彼らは燃費に関して素晴らしいとは知られていませんが、その問題は、標準車よりも運転するほうが楽しいという事実によって否定されます。

Kia SorentoとChevrolet Blazerは比較的類似したモデルですが、2005年型はいずれの製品にも親切ではありませんでした。起亜は、大多数の年齢に入ることを始めたばかりだった。ブレザーは高価だったが、大きさを除いて余分な費用をすべてバックアップするチョップを持っていなかった箱根の獣だった。

2005シボレーブレイザー

外観

ソレンツォのプレーンジェーンの外観は、彼らが両方とも非常にレトロSUVの車の外部設計に感じているように、ブレーザの正方形のプロファイルによってのみ魅力が無くなった。ブレイザーが3,000ドルの追加費用を支払ったのは正当だとは思えません。特に、ソレンツォは一般的に、ブレイザーがオプションとして持っていたよりも高度なオプションをスタンダードモデルで誇っていたと考えています。デュアルパワーリモートミラー、加熱式ドアミラー、スポイラー、ルーフラックなどがあります。

安全性と保安

安全性と安全性は家族が旅行する際に重要であり、起亜ソレンツのメーカーはそれをはっきりと理解しています。カーテンの第1および第2列のエアバッグは標準であり、エアバッグ付きの座席に座っている子供を安全に保つための占有センサーもそうであった。高さ調節可能な前部シートベルトとプリテンショナーは、この年のモデルSorentoでは標準で利用可能でしたが、Blazerからはまったく利用できませんでした。昼間のランニングライトは両方のモデルで標準でしたが、Sorentoだけが標準的な日中のランニングライトと外部コントロールライティングと4つのカーブライトを維持しました。 Sorentoのドアロックも優れていました。パワードアロックとリアチャイルドセーフティドアロックスタンダード、標準の応急処置の子供がビルドに含まれていました。

燃費

燃料使用量は非常に似ていました。どちらの車両でも1ガロンあたりの都市マイルは同じですが、高速道路の走行距離は22マイルでのブレイザーのほうがわずかに優れています。ブレアのための21ガロンの燃料タンク対19ガロンは、ソレンツがガソリンスタンドを毎年数回減らすことを意味する。

これらの中型SUVの両方の製品は確固たるものです:Blazerがより高い価格を提供し、Sorentoがより多くのオプションとより多くのパナッシュを提供するのに不思議なほどです。

前の記事

B1310 OBD-IIトラブルコード:パワードアアンロック回路の障害

B1310 OBD-IIトラブルコード:パワードアアンロック回路の障害

B1310コード定義 B1310のトラブルコードは、パワードアアンロック回路の誤動作を示しています。 B1310コードとは......

次の記事

始動しない車を修理する方法

始動しない車を修理する方法

自宅、職場、学校、外出先など、運転席に座って車が始まらないことは決して楽しいことではありません。車を始動させようとするだけでなく、原因を突き止めようとしているときに、それは圧倒的な経験のように感じることができます。......