プロポーショニング/コンビネーションバルブはどれくらい前に終わりますか? | 2018 | 記事

プロポーショニング/コンビネーションバルブはどれくらい前に終わりますか?


現代のブレーキシステムは数年前よりはるかに進歩しています。今日では、ほとんどの車にフロントディスクとリアドラムブレーキが付いています(多くの場合、四輪ディスクブレーキも付属しています)。ディスク/ドラムのコンビネーションシステムでは、安全な操作を保証するために必要な部品がいくつかあります。これらの1つはプロポーショニング/コンビネーションバルブです。

あなたの車のプロポーショニング/コンビネーションバルブは実際にはかなり異なることがあります。第1に、ブレーキ液の計量バルブとして働く。第二に、圧力差スイッチとして機能します。最後に、プロポーショニングバルブとして機能します。第1の機能は、ディスクブレーキがドラムブレーキの前に係合する傾向に対抗するために必要とされる(より安全で、さらには停止を提供する)。

運転者にブレーキ液漏れを警告するために、差圧運転が必要です。圧力がある点を下回ると、バルブのピストンが中央から押し離され、ダッシュのブレーキランプが点灯します。

プロポーショニングバルブとして、後部ブレーキに送られる液圧の量を減らすのに役立ちます。ドラムブレーキは、操作するのに必要な圧力がより少なく、フロントとリアの両方に同じ量の圧力が加えられると、ドラムがロックアップする可能性があります。

プロポーショニング/コンビネーションバルブは、ブレーキペダルを踏むたびに使用され、ペダルを踏んでいなくてもイグニッションがオンになっているとアクティブになります(圧力差運転のような特定の側面)。これは、コンポーネントに大きな磨耗があることを意味します。理論的には、プロポーショニング/コンビネーションバルブは車両の寿命を延ばす可能性がありますが、一般的にはそうではありません。

バルブが故障すると、何らかの潜在的な問題が発生する可能性があります。監視する兆候や症状を知ることは、弁の過度の摩耗を示す可能性があります。彼らは以下を含む:

  • ダッシュのブレーキライト
  • 後部ドラムブレーキが簡単にロックアップ
  • フロントパッドの過度の摩耗
  • 制動時には、車のフロントが下がります
  • ブレーキペダルは柔らかいスポンジ状の感じがする

これらの症状が発生した場合は、認定されたメカニックが必要に応じてプロポーショニング/コンビネーションバルブや他の部品を点検して交換するのに役立ちます。

前の記事

酔っ払って運転するのは安全ですか?

酔っ払って運転するのは安全ですか?

hungoverであることは決して楽しいことではありません。私たちの多くは、頭痛、吐き気、前夜を後悔するという一般的な感覚を経験しました。あなたは酔った状態で、昨晩運転しないように良い選択をしましたが、今度は翌朝、あなたはどこかへ行きます。それはhungoverを運転するのが安全ですか?......

次の記事

ワイオミング州の法律の権利に関するガイド

ワイオミング州の法律の権利に関するガイド

ワイオミング州の法律は、誰が交差点に止まらなければならないか、誰が進めることができるのかを知るための法律です。法律は、誰が権利を持っているのかを特定せず、特定の状況においてそれを与えなければならない人のみを指定します。誰もが常識に従って行動するわけではないので、法律が成立しています。誰もが必要としていることを......