プロポーショニング/コンビネーションバルブはどれくらい前に終わりますか? | 2018 | 記事

プロポーショニング/コンビネーションバルブはどれくらい前に終わりますか?


現代のブレーキシステムは数年前よりはるかに進歩しています。今日では、ほとんどの車にフロントディスクとリアドラムブレーキが付いています(多くの場合、四輪ディスクブレーキも付属しています)。ディスク/ドラムのコンビネーションシステムでは、安全な操作を保証するために必要な部品がいくつかあります。これらの1つはプロポーショニング/コンビネーションバルブです。

あなたの車のプロポーショニング/コンビネーションバルブは実際にはかなり異なることがあります。第1に、ブレーキ液の計量バルブとして働く。第二に、圧力差スイッチとして機能します。最後に、プロポーショニングバルブとして機能します。第1の機能は、ディスクブレーキがドラムブレーキの前に係合する傾向に対抗するために必要とされる(より安全で、さらには停止を提供する)。

運転者にブレーキ液漏れを警告するために、差圧運転が必要です。圧力がある点を下回ると、バルブのピストンが中央から押し離され、ダッシュのブレーキランプが点灯します。

プロポーショニングバルブとして、後部ブレーキに送られる液圧の量を減らすのに役立ちます。ドラムブレーキは、操作するのに必要な圧力がより少なく、フロントとリアの両方に同じ量の圧力が加えられると、ドラムがロックアップする可能性があります。

プロポーショニング/コンビネーションバルブは、ブレーキペダルを踏むたびに使用され、ペダルを踏んでいなくてもイグニッションがオンになっているとアクティブになります(圧力差運転のような特定の側面)。これは、コンポーネントに大きな磨耗があることを意味します。理論的には、プロポーショニング/コンビネーションバルブは車両の寿命を延ばす可能性がありますが、一般的にはそうではありません。

バルブが故障すると、何らかの潜在的な問題が発生する可能性があります。監視する兆候や症状を知ることは、弁の過度の摩耗を示す可能性があります。彼らは以下を含む:

  • ダッシュのブレーキライト
  • 後部ドラムブレーキが簡単にロックアップ
  • フロントパッドの過度の摩耗
  • 制動時には、車のフロントが下がります
  • ブレーキペダルは柔らかいスポンジ状の感じがする

これらの症状が発生した場合は、認定されたメカニックが必要に応じてプロポーショニング/コンビネーションバルブや他の部品を点検して交換するのに役立ちます。

前の記事

安価な車DVDプレーヤーを購入する方法

安価な車DVDプレーヤーを購入する方法

見た目が分かれば、安価なDVDプレーヤーを見つけることは簡単です。あなたが望むタイプを、サイズ、その他の特典や機能とともに決定すれば、あなたの予算に合った価格で、オンライン、小売店、または車のDVDプレーヤーの地元紙で見ることができます。利用可能なスペースと車両用DVDプレーヤーをインストールする場所を覚えて......

次の記事

ウィスコンシンで認定された自動車車両検査官(国家検査官認定)になる方法

ウィスコンシンで認定された自動車車両検査官(国家検査官認定)になる方法

ウィスコンシン州は定期的に車両検査の委任を受けていませんが、自動車やトラックの所有者には特定の条件下で車両の排気試験を受ける必要があります。それは自動車技術者の仕事をしている人の仕事が少なくて済むように見えるかもしれませんが、実際には大きなチャンスがあります。......