オハイオの風防法 2020 |記事

オハイオの風防法


オハイオ州の道路で車を運転する場合は、安全のために従う必要がある多数の交通法律について既に知っています。これらの規則に加えて、オハイオ州には、道路での運転が安全であることを保証するための規制もあります。これらのルールがカバーする1つの領域は、フロントガラスです。以下では、オハイオ州の風防法を発見し、罰金を避けるために従わなければならないことを示します。

ウィンドシールドの要件

オハイオ州には、フロントガラスとそれに付随する機器に関するいくつかの要件があります。

  • 電動自転車やバイク以外の車両には、州内の道路を走行する場合にフロントガラスが必要です。

  • ドライバーによって制御され、雨や他のタイプの湿気のフロントガラスを効果的に除去するフロントガラスワイパーは、すべての車両に必要であり、良好な状態でなければなりません。

  • フロントガラスと車両のすべての窓には、安全ガラスまたは安全ガラス材料が必要です。

障害物

オハイオ州にはまた、フロントガラスの中または周囲の障害に関する規則もあります。

  • ポスター、看板、その他の不透明な材料をフロントガラスの上または中に置くことができます。

  • 必要なステッカーは、右下隅に配置し、4インチ以上6インチ以下のサイズを測定することができます。

  • 車の識別番号をカバーするようにステッカーや証明書を置くことはできません。また、フロントガラスを通して見ても判読できないようにすることもできます。

  • GPSシステム、カメラおよびその他の電子機器は、道路を見ることのできる運転者の能力に影響を与えず、車両識別番号を隠蔽したり隠したりしなければ、許可されます。

窓の色合い

オハイオ州のウインドウティント法には以下のものがあります:

  • フロントガラスの色は、反射しないで、使用可能な光の70%以上をガラスに通す必要があります。

  • フロントサイドウインドウの色は、使用可能な光の50%以上をガラスに通す必要があります。

  • バックライトとリアの窓には何色かの暗闇を使うことができます。

  • 反射色合いは、典型的なウィンドウよりも反射的であることはできません。

  • 色合いの付いた各ウィンドウには、ガラスとフィルムの間にステッカーが貼られていなければなりません。

チップとクラック

オハイオ州の法律は、州で合法でない亀裂や切れ目のサイズや形を具体的に特定するものではありません。ただし、法律は次のとおりです。

  • 安全でない状態にあるか、他の人に危険をもたらす可能性のある車両は、道路上では許可されていません。

  • 運転手の前に大きな亀裂、切粉、またはその他の欠陥がある窓ガラスは、視界障害のため安全でないと考えられます。

違反

ほとんどの場合、オハイオ州では、上記の法律を遵守しなかったことに関する引用が発行された場合、問題が修正されたという証拠を運転手に示すことができます。ただし、$ 150までの罰金が発行されることもあります。

ウインドシールドを点検する必要があるか、ワイパーが正常に作動しない場合は、Vermin-Clubなどの認定技術者が、安全で迅速に道路に戻って法律を守るのを手助けすることができます。

前の記事

最高の車載TVディスプレイサイズを選択する方法

最高の車載TVディスプレイサイズを選択する方法

あなたの車に搭載されたテレビディスプレイは、街中や国外の長距離を移動する間に乗客を楽しませることができ、ゲームや映画を見たり、適切な機器で衛星テレビを見ることができます。あなたの車のためのテレビを購入するときは、最適な表示のために正しい表示サイズを決定する必要があります。あなたが望むディスプレイサイズを選択す......

次の記事

P2609 OBD-IIトラブルコード:インテークエアーヒーターシステムの性能

P2609 OBD-IIトラブルコード:インテークエアーヒーターシステムの性能

P2609コード定​​義 P2609トラブルコードは、PCMが1つ以上の吸入空気ヒーター回路からの異常な電圧測定値を検出したことを示します。この特定のトラブルコードは、トラブルコードP2604、P2605、P2606、P2607、およびP2608に関連付けられることが最も多いです。 P2609コードとは......