前輪駆動とは何ですか? 2020 |記事

前輪駆動とは何ですか?


車両が前輪駆動型である場合、エンジンによって作られたすべての動力は、2つの前輪を介して地面に到達する。この配置は、現代自動車では次のような多くの理由で非常に人気があります。

  • より小さいドライブトレイン:車両の前部から後部に走るエンジン、トランスミッション、ディファレンシャルの代わりに、前輪駆動車両は前部にドライブトレイン全体を持っています。

  • 軽量化:コンパクトなドライブトレインのため、前輪駆動車の重さは、同等の後輪または全輪駆動車の重量よりも小さくなります。

  • 後輪駆動より多くの牽引力:駆動輪の近くまたは上の車両の重量の大部分で、前輪駆動車両は後輪駆動車両より多くの牽引力を有する傾向がある。これは、道路が滑りやすい、または濡れているときに特に役立ちます。

  • 消費電力の削減:軽量と優れたトラクションのために、各馬力は前輪駆動車にさらに進んでいます。これは、より小型のエンジンを使用できることを意味し、さらなる重量を節約します。

  • ほとんどの燃料効率の高いタイプのドライブトレイン:軽量でより効率的なパワーの使用のために、前輪駆動車は同等の全輪駆動車または後輪駆動車と比較して1ガロンからより多くのマイルを得る。

  • 最低価格のタイプのドライブトレイン:前輪駆動の駆動系のコストが製造コストより低く、一般に小型で安価な車両に見られるという事実のなかで、前輪駆動車は最も費用対効果の高い車であるという評判を得ました。

大部分の前輪駆動車両は、横方向に取り付けられたエンジンを有する。横置きエンジンは、前後に配置されたエンジンではなく、右から左に並んだシリンダーを備えています。何年もの前輪駆動車には、Toyota Tercelのような縦置きのエンジンが搭載されていましたが、その配置は代替車ほど省スペースではありません。

トランスミッションとドライブシャフトのトンネルが行き来する車の下のスペースと、リヤデフがどこに行くのかは、車両の内部でより多くのスペースを確保します。車体は下に座ることもでき、重心を低くして車両を地面に植えるようになります。

前輪駆動はどのように機能するのですか?

一般に、前輪駆動車のフードの下には多くのスペースがありません。モデル車のフードのようなフレームにきれいな小さなモーターが取り付けられているのではなく、小さいスペースに一緒に慎重にフィットするコンポーネントの大きなブロックがあります。これは、エンジンがフードの下でトランスアクスルのすぐ上に座っているからです。

トランスアクスルはトランスミッションとフロントディファレンシャルとして機能します。典型的な設定は、横に取り付けられたエンジンがフードの下で中心から離れて取り付けられていることです。エンジンルームの側面では、オフセンターマウントのためにより多くのスペースがあり、トランスミッションはエンジンに取り付けられています。トランスミッションは、フロントディファレンシャルギアに直接動力を送ります。このタイプのセットアップでのフロントディファレンシャルは、通常、オフセンターです。ユニバーサルジョイントを通し、車両のサスペンションを介して車輪を回転させたり、エンジンから動力を供給したりすることができます。

欠点はありますか?

前輪駆動は驚くほど実用的で使いやすいものですが、確かにいくつかの欠点があります:

  • アンダーステア:アンダーステア​​は、旋回して牽引力を失っているときに車輪があまりにも多くのパワーを得るときに発生します牽引力を失うことは、車両の旋回能力に影響を与えるので、車両は、舵取りされている場所よりも旋回外に向かって多くを押し出す。

  • トルクステア:トルクステアは、動力が前輪に不均一に流れ、加速しながら車両が回転することによって引き起こされます。これは予測不可能で危険です。この問題は、フロントディファレンシャルと2つのフロントホイールの距離が不均一であることが原因です。

  • 滑りやすい条件での上り坂のパフォーマンス:前輪の余分な重量は、路面のグリップが非常に少ないときに役立ちます。しかし、路面が滑りやすく、急な斜面で登ると、後輪駆動は前輪駆動よりも有利になり、車両の重量が傾斜して後退し、牽引力が得られます。それでも、このシナリオでは全輪駆動が最適です。

  • 限られたパワー:前輪に過大なパワーが掛かったときにトルクステアが存在するため、前輪駆動車がどれくらいのパワーを処理できるかには限界があります。 250馬力以上の馬力の後、車両はまっすぐに移動しない限り、本当にパワーダウンすることはできません。

前輪駆動のベストな用途は?

前輪駆動は、道路上のほとんどの車両アプリケーションに最適です。燃費を維持し、効率的に電力を使用し、車両を小さく軽く保ちます。非常に速い車や非常に大型の車には理想的ではありませんが、日常の運転手にとっては最もシンプルでコスト効率が高いです。後輪駆動よりも雨や雪の方が良いかもしれませんが、深刻な降雪や泥だらけの道路がある地域では、全輪駆動が王のままです。それにもかかわらず、今日販売されているほとんどの車両は、多くの利点のために前輪駆動です。

前の記事

P0134 OBD-IIトラブルコード:O2センサ回路動作が検出されない(バンク1センサ1)

P0134 OBD-IIトラブルコード:O2センサ回路動作が検出されない(バンク1センサ1)

P0134コード定義 P0134診断トラブルコードは、触媒コンバータの前に配置された酸素センサと、シリンダ#1を収容するエンジンバンクに問題があることを示しています。 P0134コードとは......

次の記事

P0215 OBD-IIトラブルコード:エンジンシャットオフソレノイド異常

P0215 OBD-IIトラブルコード:エンジンシャットオフソレノイド異常

P0215コード定義 エンジン遮断ソレノイド故障 P0215コードとは P0215コードは、エンジンまたはクランクシャフトの位置センサーを遮断する原因となるソレノイドに問題があることを意味します。 P0215コードの原因は何ですか? 故障したクランクシャフト位置センサ......