P0525 OBD-IIトラブルコード:クルーズコントロールサーボ制御回路範囲/性能 2021 |記事

P0525 OBD-IIトラブルコード:クルーズコントロールサーボ制御回路範囲/性能


診断トラブルコード(DTC):P0525

P0525コード定義

P0525コードは、PCMがクルーズコントロールサーボ制御回路の誤動作を検出したことを示します。

P0525コードとは

PCMは、車速を制御するクルーズコントロールを支援するシステムの一部です。 PCMがサーボ制御回路からの電圧値に基づいてクルーズコントロールの問題を検出すると、システムの自己制定テストが実行されます。クルーズコントロールサーボ制御回路内の電圧/抵抗レベルに異常がある場合は、このコードを保存します。

P0525コードの原因は何ですか?

クルーズコントロールサーボ制御回路内の異常な電圧/抵抗レベルの最も原因は、故障したサーボ制御ユニットである。

他の原因としては、

  • クルーズコントロールボタンの液漏れや破片のため、回路が短絡しているか、開回路している。
  • 配線、コネクタ、ハーネス、またはその他の損傷した電気部品のショートまたはオープン。
  • ブローされたヒューズ、より深刻な問題を示す可能性があります。

P0525コードの症状は何ですか?

ほとんどの場合、P0525コードが存在する場合、クルーズコントロールは機能しなくなります。チェックエンジンライトは、PCMが問題を検出した後、2〜3回のドライブサイクルで点灯します。

メカニックはどのようにしてP0525コードを診断しますか?

OBD-IIスキャナがP0525コードを検出した後、技術者は、クルーズコントロールシステムのすべての配線、コネクタ、およびその他のコンポーネントの外観検査を開始する必要があります。問題を修復した後、または損傷した要素を交換した後、コードをクリアしてテストドライブを実行し、クルーズコントロールが正常に機能していることを確認し、コードが再現しないようにする必要があります。

P0525コードを診断する際のよくある間違い

P0525コードを診断する際に最もよく見られる間違いは、ヒューズが切れていないかどうかをチェックすることです。部品を交換したが、ヒューズが切れていない場合、交換部品が非常に迅速に故障する可能性があります。

P0525コードはどのくらい深刻ですか?

P0525コードが検出されている場合、車両は依然として運転可能です。クルーズコントロールは使用できないかもしれませんが、これは車両の他の機能には影響しません。しかし、ヒューズが切れた場合、ターンシグナルを使用できないなどの電気的な問題が発生する可能性があり、車両が動作しなくなる可能性があります。このコードがPCMに格納されていると、車両は排出テストに合格できないことがあります。

P0525コードを修復できるのは何ですか?

技術者がP0525コード検出に対処できる方法はたくさんあります。彼らは以下を含む:

  • 故障したサーボ制御ユニットの交換。
  • 損傷したクルーズコントロールボタンの交換。
  • 短絡またはオープン配線、コネクタ、ハーネス、またはその他の損傷した電気部品の交換。
  • ヒューズの交換。

P0525コードの助けが必要ですか?

Vermin-Clubは自宅やオフィスに来て車の診断と修理を行う認定されたモバイルメカニッ​​クを提供しています。見積もりを入手して予約をオンラインで予約するか、サービスアドバイザーに1-800-701-6230でお問い合わせください。

前の記事

P0125 OBD-IIトラブルコード:閉ループ燃料制御の冷却液温度不足

P0125 OBD-IIトラブルコード:閉ループ燃料制御の冷却液温度不足

P0125コード定義 閉ループ燃料制御のための不十分な冷却剤温度 P0125コードとは P0125は、エンジン管理システム(ECM)のOBD-IIジェネリックコードで、燃料管理システムが制御を開始する前に冷却システムの十分な熱を検出しません。......

次の記事

P0921 OBD-IIトラブルコード:ギヤシフトフォワードアクチュエータ回路範囲/性能