悪い、または失敗したブレーキキャリパーの症状 | 2018 | 記事

悪い、または失敗したブレーキキャリパーの症状


ブレーキキャリパーは、最新のディスクブレーキシステムの一部である最も重要なコンポーネントの一部です。ブレーキパッドとローターと油圧システムの残りの部分と一緒に作動し、車両を減速して停止させます。ペダルが踏み込まれると、ブレーキ液圧がマスターシリンダーを介してキャリパーに押し込まれ、キャリパーがピストンを伸長させ、ブレーキパッドをローターに押し付けて車両を減速させます。ブレーキキャリパーは、制動時に発生する激しい熱にさらされ、最終的に外に出ることがあり、車両の制動を妨げ、その取り扱いや安全性に悪影響を及ぼします。キャリパーが悪くなると、車両には通常、サービスを受けるべき潜在的な問題が発生していることをドライバーに警告することができるいくつかの症状が表示されます。

1.ブレーキ液の漏れ

悪い、または失敗したキャリパーの最も一般的な症状の1つは、ブレーキ液の漏れです。キャリパーは、マスターシリンダーおよびペダルからのブレーキ液圧を使用して作動し、ピストンを伸長させて車両を減速させます。ゴム製のシールとブーツは、液体が漏出するのを防ぎます。時間が経つにつれて、制動によって発生した激しい熱に絶えず曝されると、これらのシールは摩耗して漏れる。キャリパーからの漏れは、制動システムの圧力密封能力に対する妥協を意味し、ブレーキ液の混乱を招くばかりでなく、車両を止める能力から大きく外れる。

2.異常音

ブレーキキャリパーの潜在的な問題のもう一つの徴候は、制動時に車輪から来る異常な音です。ブレーキをかけるときに高音域のノイズや突然の衝撃や衝撃音が発生した場合は、キャリパーの潜在的な問題の兆候である可能性があります。おそらく緩んでいるか、拘束力があります。緩み、つまった、または拘束力のあるキャリパーは、車両を適切に停止させることができず、ブレーキ摩耗が早すぎることさえあります。

3.車両の引っ張り

別の一般的な症状、おそらく交換する必要があるキャリパーの1つは、車両が左または右に引っ張っていることです。キャリパーは制動による極度の熱にさらされ、時にはキャリパーピストンの焼き付きを招く可能性があります。押されたキャリパーピストンは自動的に後退することができず、そのホイールに一定の抗力が働く。これにより、車輪がブレーキの引きずりにより反対側の車輪よりもゆっくりと走行しているため、影響を受けたキャリパーで車両が側面に引き寄せられる傾向があります。

ブレーキキャリパーはブレーキシステムの重要な機械部品であり、車両の全体的な安全性と取り扱い特性にとって重要です。このため、キャリパーの1つに問題があると思われる場合は、Vermin-Clubのような専門技術者が車両を点検し、ブレーキシステムを検査し、キャリパー交換が必要かどうかを判断してください。

前の記事

2012年メルセデスベンツRクラスBlueTECへのバイヤーガイド

2012年メルセデスベンツRクラスBlueTECへのバイヤーガイド

Rクラスはミニバンではありません。ステーションウェゴではありませんが、それはわずかな空気を帯びています。メルセデスはそれをクロスオーバーと見なしているが、それは最も適切な指定であるかもしれないが、それはカテゴリの正確な一致でもない。それは何ですか?......

次の記事

カーシートの違いを理解する

カーシートの違いを理解する

衝突テストのデータを勉強するのに十分な時間を費やしたり、完璧なカーシートを探している店舗の通路を歩き回ったりすると、しばらくするとすべてが同じように見えます。 座席はすべて同じように見えるかもしれませんが、そうではありません。あなたにぴったりな座席は、次のようなものです: 子供の年齢、体重、サイズが適切か......