不良または不良のエアースプリングバッグの症状 | 2018 | 記事

不良または不良のエアースプリングバッグの症状


現代の車両には様々な異なるサスペンションシステムが装備されています。これらの種類のサスペンションシステムの1つは、エアバッグサスペンションシステムである。エアバッグ・サスペンション・システムは、快適性とロード・レベリング能力が向上したことにより、高級車およびSUV車に長年にわたって使用されてきました。エアスプリングバッグは、従来のショックアブソーバと同じ目的を果たします。車両の重量を支え、道路への衝撃を吸収します。しかし、やや異なったやり方でそうしています。エアスプリングバッグシステムは、車両に搭載されたエアコンプレッサーを使用してサスペンションエアバッグに空気を送り込むことで動作します。システムは、運転者がどのような設定を選択したか、またはコンピュータによって検出された状態、または弁によって調整された状態に応じて監視され、加圧または減圧される。

空気ばね袋およびその内部の加圧空気が車両の重量を支えるものであるため、バッグまたはシステムに問題があれば、車両の取り扱いおよび乗車特性に大きな影響を与える可能性がある。通常、エアスプリングバッグが故障すると、車両には、サービスを受けるべき問題があることをドライバーに警告することができるいくつかの症状が現れます。

1.弾む乗り物

空気ばねバッグに問題がある可能性が最も顕著な兆候の1つは、激しい乗り心地です。エアバネは、道路隆起の動きと力を吸収するように設計されているため、すべての動きが失敗した場合、車両に直接移動します。弾力のある乗り物を持つ乗り物は、操作するのがさらに難しくなるだけでなく、乗客にとって快適でもありません。

2.サスペンションのたるみ

エアスプリングバッグの問題の可能性がある別の症状は、サスペンションのたるみです。サスペンションのたるみは、1つまたは複数の空気ばね袋が損傷または摩耗したときに生じる。これにより、空気ばねの問題が発生した場合、車両のコーナーまたはコーナーが他のものよりも垂れ下がったり座ったりすることになります。完全な空気ばねバッグの故障のようなより深刻な場合、サスペンションは、車両のステアリングおよび前方への動きを妨害する地点にたわむことがあり、車両を運転不能にする可能性がある。

3.ボトムアウト

エアスプリングバッグは、車両を支え、道路のショックや動きを吸収するものです。エアバッグスプリングが故障すると、ロードショックとムーブメントがサスペンションを通って直接的に伝達され、サスペンションが底に出る可能性があります。ボトミングアウトサスペンションは、車両のステアリングおよび安定性が損なわれるため安全上の危険性があるだけでなく、バ​​ネの故障によるサスペンションへのストレスの増大による他のサスペンションコンポーネントの損傷を引き起こす可能性があります。

エアスプリングバッグは車両の重量を支え、その取り扱いや乗り心地に影響を与えるため、常に適切な機能を維持することが重要です。エアバッグの問題は、車両の乗り心地、快適性、運転性の問題にすぐにつながります。これは、全体的な運転経験から取り除かれ、車両を運転不能にする可能性さえあります。あなたのエアバッグスプリングやエアスプリングサスペンションシステムに問題があると思われる場合は、Vermin-Clubのような専門技術者がサスペンションシステムを診断してください。彼らは、車にエアバッグスプリングの交換が必要かどうかを判断することができます。

前の記事

不良または障害のホーンリレーの症状

不良または障害のホーンリレーの症状

ホーンリレーは、車両のホーン回路の一部である電子部品です。これは、車両のホーンへの電力を制御するリレーとして機能します。リレーに電流が供給されると、ホーンの電源回路が完成し、ホーンが機能して鳴ります。ほとんどのリレーはフードの下のヒューズボックスにあります。リレーが故障すると、機能しているホーンなしで車両から......

次の記事

OBDが排ガス中でどのようなガスを検出しますか?

OBDが排ガス中でどのようなガスを検出しますか?

あなたのエンジンは燃焼により作動します -......