ハーモニックバランサの交換方法 | 2018 | 記事

ハーモニックバランサの交換方法


高調波バランサの目的は、すべてのエンジンが生成する高調波振動を減衰させることです。多くのエンジンでは、高調波バランサがクランクプーリーに組み込まれています。頻繁に故障することはありませんが、余分なエンジンの振動やタイミングのずれがクランクシャフトハーモニックバランサの不良または故障の兆候の1つです

下記の手順はほとんどのエンジンで同様ですが、さまざまなエンジン設計がありますので、お使いの車両の詳細な手順については、車両の工場出荷サービスマニュアルを参照してください。この例では、後輪駆動の典型的な「V」型エンジンで高調波バランサを変更する方法について説明します。

パート1/1:ハーモニックバランサの交換

必要な材料

  • ブレーカバー(1/2 "ドライブ)
  • コンビネーションレンチセット
  • フロアジャック
  • ギアプーラー
  • ジャックスタンド
  • 新ハーモニックバランサ
  • ドライバーセット
  • ソケットセット(1/2 "ドライブ)
  • ストラップレンチ
  • トルクレンチ(1/2 "ドライブ)

  • 注意:ギアプーラーのスタイルは、ハーモニックバランサーの設計に依存します。

ステップ1:車両を準備する. モータの前部に位置し、クランクシャフトに取り付けられているハーモニックバランサへのアクセスを得るのに十分高い車高をジャックします。

ステップ2:付属品のド​​ライブベルトを取り外す. 現代の多くの車両には、ベルトを緩めて回転させることができる自動スプリング式のベルトテンショナーがあります。

デザインに応じて、オープンエンドレンチまたはラチェットハンドルを使用する必要があります。古い車や新しい車では、機械式テンショナーを緩める必要があります。

  • 注意:携帯電話を使用して、将来の参照のためにベルト配線を撮影してください。

ステップ3:高調波バランサボルトを外す. ストラップを使用してハーモニックバランサボルトを取り外し、バランサをまだ保持します。

ソケットとラチェットハンドルまたはブレーカーバーでボルトを緩めながら、それを保持します。それは非常にタイトなので、ハードを引っ張ってください。

ステップ4:ハーモニックバランサユニットを取り外す. ギアプーラーを使用して、プーリーセクションのリップのように、容易に破損しない領域にフックを配置します。

いくつかの車両にはバランサにボルト穴があり、プラーを取り付けるのに使用できます。バランサが破損するまで、ラチェットハンドルまたはブレーカバーでセンターボルトを締めます。

  • 注意:ほとんどのハーモニックバランサは、ウッドラフキーを使用してクランクシャフト上で回転しないようにしています。ウッドラフキーを紛失しないでください。あなたは再組み立てのためにそれを必要とします。

ステップ5:新しい高調波バランサをインストールする. 新しいバランサのウッドラップキースロットをウッドラフキーに合わせ、バランサをクランクシャフトに注意深くスライドさせます。

キー溝が正しい位置に留まっていることを確認します。センターボルトを取り付け、必要なトルク仕様が得られるまで締め付けます。

ステップ6:ベルトを取り付ける. ベルトテンショナーを回転または緩めて、ベルトを取り付けなおします。

  • 注意:正しいベルト配線を決定するには、前の写真またはサービスマニュアルを参照してください。

ステップ7:車両を下げて始動する. ジャッキスタンドを慎重に取り外し、車両を降ろして車両を始動させて、適切な再組み立てを行ってください。

Vermin-Clubの認定されたメカニックの1人にクランクシャフトハーモニックバランサ交換が完了してもらうのが快適でない場合は、

前の記事

ステレオにヘッドユニットを取り付ける方法

ステレオにヘッドユニットを取り付ける方法

過去50年間に構築された実質的にすべての車両には、標準装備のオーディオエンターテイメントシステムが搭載されています。新しい車のオリジナルのステレオは、ほとんどの場合、十分な性能を発揮しますが、多くの古い車に搭載されているステレオユニットは、品質が低下したり、年齢のために性能が低下したり、......

次の記事

B1944 OBD-IIトラブルコード:エアバッグ衝突センサー#1接地回路オープン

B1944 OBD-IIトラブルコード:エアバッグ衝突センサー#1接地回路オープン

B1944コード定義 B1944コードは、車両のオンボード診断システムが、#1センサの貧弱な地面と一致するエアバッグ回路の不一致を検出し、トラブルコードを登録したことを意味します。 B1944コードとは エアバッグシステムは自己診断を行うように設計されています。......