あなたの車を過熱から守る方法 | 2018 | 記事

あなたの車を過熱から守る方法


夏は、ロードトリップ、週末のキャンプ、日当たりの良い砂浜で最も人気のある時期です。夏はまた気温が上昇することを意味し、車では難しく、多くの人が車に乗って目的地に到着します。交通は通常、交通が心配です。特に暑い日や特に暑い地域では、通常の使用で車が過熱する危険性があります。ここでは、不幸な乗客が不幸な乗客でいっぱいになるのを防ぐ最善の方法のリストをまとめています。

クーラントレベルを確認し、必要に応じて上に移動します

エンジンクーラントはエンジンを流れる流体で、作動温度を調整して過熱を防止します。レベルがリザーバーの最小マークを下回っている場合、エンジンが過熱する重大な危険があります。クーラントレベルが低いことは、クーラントリークがあることを示しています。また、専門の技術者が車検を受けています。あなたがそれをしている間、あなたの体液の残りの部分もチェックしてください。

常に車の温度計を監視する

あなたの車やトラックには、あなたの車に何か問題があることを警告するために、たくさんのゲージとインジケータがあります。これらのゲージは、車の状態に非常に貴重な情報を提供できるため、無視してはいけません。温度ゲージを使用して、エンジンが過熱しすぎているかどうかを確認することができます。これは、問題の可能性があります。あなたの車に温度計が装備されていない場合は、アフターマーケットのデジタルゲージアセンブリをOBDポートに差し込むことを検討し、有用な情報のヒープを提供してください。

資格のある技術者が定期的にクーラントを流す

クーラントフラッシュは、ほとんどの車の定期メンテナンスとみなされます。したがって、これらのメンテナンスサービスが完全かつタイムリーに実行されるようにすることが重要です。クーラントフラッシュが予定されたメンテナンスの一部でない場合、または定期メンテナンスサービスを実行していない場合、クーラントを定期的に交換することをお勧めします。メーカーが間隔を指定していないか、または長すぎると思われる場合は、50,000マイルまたは5年ごとのいずれか早いほうを選択します。

非常に暑い条件でエアコンをオフにする

これは残酷で非人間的ですが、非常に暑いときにエアコンを使用すると、車両が過熱する原因となります。空調が稼働しているときは、エンジンに余分な負担をかけるため、作業がより困難になり、ひいてはより暖かくなります。エンジンが暖まるにつれて、クーラントも加熱されます。屋外で非常に暑い場合、クーラントはその熱を効果的に消散することができず、最終的には車両が過熱します。あなたのA / Cをオフにすることは不快かもしれませんが、あなたの車が過熱するのを防ぐことができます。

あなたのヒーターを使用してエンジンの冷却を助けてください

エンジンの過熱または過熱が始まる場合は、ヒーターを最高温度および最高速度で回転させることで冷却することができます。ヒーターコアはエンジンのクーラントによって加熱されるので、熱とブロワーのモーターを最大にするとラジエーターを横切る空気と同じ効果が得られます。

あなたの車両を徹底的に検査してください

シーズン初めに、大きなロードトリップや激しいドライブの前に、車両を完全に点検することは、常に良い考えです。認定された技術者に、ホース、ベルト、サスペンション、ブレーキ、タイヤ、冷却システムコンポーネント、エンジンコンポーネント、その他すべての損傷やその他の潜在的な問題がないかどうかをチェックしてください。これは、あなたがどこかで孤立してしまう大きな問題になる前に、問題を見つけて修復するのに役立ちます。

適切なメンテナンススケジュールを1年中実行し、必要に応じて修理を行うことが、あなたの車を素晴らしい形に保つ最良の方法です。しかし、これを念頭に置いても、車両が何の問題もなく夏になることを保証する方法はありません。うまくいけば、これらのヒントは過熱車があなたの夏の計画を台無しにするのを防ぐのに役立ちます。

前の記事

安定器の寿命はどれくらいですか?

安定器の寿命はどれくらいですか?

バラスト抵抗は、古い車両の点火システムの構成要素である。クラシックをドライブする場合は、コイルとポイントに精通しています。車載コンピュータはなく、明らかに、エンジンを始動するときに電圧を制御できる回路基板はありません。これは、バラスト抵抗が入っている場所です。実際には、正のバッテリケーブルとイグニッションスイ......

次の記事

キューバの運転手ガイド

キューバの運転手ガイド

キューバは多くの変化を経た美しい国です。国への旅がより簡単になった今、多くの人々が、その国が提供しなければならないすべてのものを見るために訪れています。......