クラッチ・ケーブル・アジャスターはどれくらい前に終わりますか? | 2018 | 記事

クラッチ・ケーブル・アジャスターはどれくらい前に終わりますか?


クラッチケーブルアジャストはクラッチケーブルに取り付けられており、車両が作動している間にクラッチパッドが滑り落ちないように張力を保つのに役立ちます。クラッチ自体は、ギアボックスとエンジンの間に配置されています。クラッチは常に接続されており、ギヤボックスからエンジンへの接続は常にオンになっています。この接続は、ペダルを踏んでクラッチを外すと壊れます。クラッチペダルを踏むと、その圧力がケーブルに送られ、調整装置によって張力が助けられます。これにより、スムーズにギアを切り替えることができます。

アジャスターが長年にわたり着用し始めると、ケーブルが緩んでしまう可能性があります。これにより、車両がスリップする。滑りは、エンジンが低速で高いギアにあるとき、坂を登るとき、またはトレーラーを牽引しているときに別の車両を渡すときに最も顕著です。あなたのクラッチが滑り始めると、摩擦が増えて滑りが大きくなります。滑りによりクラッチが熱くなり、グリップが失われてスリップします。今、クラッチはさらに暑くなり、さらに滑りを続けます。この円はプレッシャープレートとフライホイールを損傷することがあります。

クラッチケーブルアジャスターの不具合がスリップの最大の原因です。車内でこの症状が見られると直ちに、クラッチケーブルアジャスターを経験豊富なメカニックに交換してください。

クラッチケーブルアジャスターは摩耗して時間がたつにつれ悪くなることがあるので、この部品が故障する前に症状が現れていることに注意することが重要です。

あなたのクラッチケーブルアジャスターを交換する必要があることを表明する:

  • あなたが運転している間あなたの車は滑っています

  • クラッチペダルが重く感じたり、押すのが難しい

  • あなたの車はギアに入りません

クラッチケーブルアジャスターは、クラッチシステムの重要な部分です。修理を延期すると、より大きな問題につながります。できるだけ早くクラッチケーブルアジャスターを交換して、車両が安全に走行してスムーズに作動するようにしてください。

前の記事

悪いまたは失敗した気圧センサーの症状

悪いまたは失敗した気圧センサーの症状

気圧センサは、気圧センサ(BAP)としても知られており、多くの車両で一般的に使用されているエンジン管理センサの一種です。それは、車両が運転している環境の大気圧を測定する責任があります。異なる環境では異なる大気圧があり、車両の動作に影響します。高い高度はより薄い空気を有し、吸気ストローク中のエンジンの酸素量が少......

次の記事

不良または失敗した真空ポンプの症状

不良または失敗した真空ポンプの症状

無鉛ガソリンで作動する内燃機関は、密閉されたクランクケースの内部に非常に大きな圧力を発生させる。この圧力は、オルタネータからACユニットまでの複数のベルトおよびプーリに電力を供給するために使用されますが、真空ポンプの使用により解放されます。他方、ディーゼルエンジンは、他のシステム、特にブレーキシステムおよび多......