キャニスタはどれくらいの期間ソレノイドをパージしますか? | 2018 | 記事

キャニスタはどれくらいの期間ソレノイドをパージしますか?


キャニスタパージソレノイドは、車両の蒸発燃料制御システム(EVAP)の一部です。ホースは、キャニスターパージソレノイドを炭キャニスターに接続し、エンジン真空に接続し、EVAPシステム全体を構成します。このパーツは、リアクオーターパネルの内側に配置することも、エンジンのコンパートメントのコーナーに隠すこともできます。

EVAPシステムの目的は、大量の燃料蒸気が大気中に漏出したり、車に乗ったりするのを防ぐことです。ガソリン蒸気は、含まれる化学物質のため吸入された場合、吐き気、頭痛、呼吸の問題を引き起こす可能性があります。これらの化学物質には、トルエンおよびベンゼンが含まれる。

通常、キャニスタパージソレノイドは車両の寿命を延ばしますが、時々摩耗する可能性があります。キャニスタパージソレノイドが消弧し始めると、チェックエンジンのランプが点灯し、あなたの車は排出ガステストに合格しません。また、キャニスタの内部にヒュームが蓄積すると、車両の失速や失火の原因となります。

キャニスタパージソレノイドは、活性炭で燃料蒸気を吸収することによって機能する。活性炭は、車両が始動して運転されるまで吸入して燃料蒸気を吸収します。キャニスターは、パワートレイン制御モジュール(PCM)によって開きます.PCMは、吸入真空がタンク排気ラインを介してエンジンに蒸気を吸い込むことを可能にします。活性炭は磨耗しないので、キャニスター自体が壊れたり破損したりしない限り、交換する必要はありません。

キャニスタパージソレノイドが悪くなると、それは定期的に運転している汚れやほこりがキャニスタを詰まらせることがあるからです。さらに、キャニスタは厳しい環境条件のために亀裂を生じさせる可能性がある。この場合、キャニスタパージソレノイドは、車両内の他の部品に損傷を与える可能性があるため、交換する必要があります

キャニスタパージソレノイドを交換する必要があるという兆候は次のとおりです。

  • チェックエンジンライト

  • 車両が排気試験に合格しない

  • EVAPシステムの漏れによる車両の停止

  • EVAPキャニスターに入る燃料のためにエンジンのチョーク

前の記事

ドライブとサーペンタインベルトはどのように機能するのですか?

ドライブとサーペンタインベルトはどのように機能するのですか?

車両のドライブベルトは、エンジン、オルタネーター、ウォーターポンプ、パワーステアリングポンプ、エアコンコンプレッサーに動力を供給します。通常、車には1つまたは2つの駆動ベルトがあり、1つだけの場合はしばしば蛇行ベルトと呼ばれます。......

次の記事

P0305 OBD-IIトラブルコード:シリンダー5の不具合が検出されました

P0305 OBD-IIトラブルコード:シリンダー5の不具合が検出されました

P0305コード定義 シリンダー5の不具合が検出されました P0305コードとは P0305は、エンジン制御モジュール(ECM)がエンジンのシリンダ番号5の失火を検出した一般的なOBD-IIコードです。 P0305コードの原因は何ですか?......