2012年スズキキザシのバイヤーガイド | 2018 | 記事

2012年スズキキザシのバイヤーガイド


この手頃な価格の小さなセダンは、米国自動車ゲームでのスズキの人気低下を補うための努力として、2010年に市場に登場しました。それは同社のアメリカ事業を救ったものではないかもしれないが、それでもまともな価格で素晴らしい機能を備えた魅力的な車両である。

主な特徴

デュアルゾーンの気候コントロールとキーレスエントリー - 便利なプッシュボタンスタートと組み合わせることで、ベースフィーチャーの安定したセットが得られます。 AWD、ポンピングされたオーディオシステム、革製のシートを追加することもできます。オプションの18インチアロイホイールは、Kizashiのルック&フィールをさらに高めることができます。

2012年の変更

2011年モデルと2012年モデルの間で、SEバージョンのオプションとしてレザーシートを追加した以外は、この車両にはほとんど変更が加えられていません。

我々が好きなもの

この楽しい小さな車にはいくつかの非常に魅力的なセールスポイントがあります - 雪の多いロケールに住む人々のための利用可能なAWD、プログレッシブ、スポーティな外観、そして優れた操作性と共に、価格は1つです。

私たちの心配

明らかに、スズキがアメリカの自動車市場を離れると、これらの車のサービスを受けることは少し難題かもしれない。さらに、ベースモデルにはラジオは含まれていませんでした。これは、全面的な標準機能と見なされるべきものをかなり重視しています。

利用可能なモデル

すべてのKizashiモデルには、6速マニュアルまたはCVT自動変速機のいずれかを搭載した2.4L 4気筒エンジンが搭載されています。変動のための燃費は以下の通りです(mpg city / hwy):

S:

  • 21/31(マニュアル、4WD)、23/31(CVT、4WD)、23/30(CVT、AWD)

SE:

  • 23/30(CVT、4WD)、22/29(CVT、AWD)

スポーツGTS:

  • 20/29(マニュアル、FWD)、23/30(CVT、4WD)、22/29(CVT、AWD)

スポーツSLS:

  • 23/30(CVT、4WD)、22/29(CVT、AWD)

主要リコール

2014年8月、クモの巣が蒸発キャニスターベントホースにウェブを作り出す可能性があるため、リコールが発行されました。これはホースをブロックする可能性があり、潜在的に燃料タンクへの負圧が大きすぎます。この圧力の結果クラックが発生すると、火災の危険性が高まります。同社は所有者とディーラーが問題を無料で修理できることを通知しました。

2015年1月、スズキはブレーキ・ペダルを踏むことなく、シフト・セレクタがパーク位置から外れることをリコールしました。ディーラーはオーナーに通知し、無料で問題を修復します。

一般的な問題

Kizashiは多くの消費者からの苦情に苦しんでいませんが、いくつかの報告に関する報告があります.1つは、低速で走行中のクルーズコントロールを開始し、駐車カーブを超えて車を送り、他は、エンジンライトが来て、続いて車の後部が前後に揺れ、最終的には逆の位置に車を回転させた。

前の記事

不良または不合格のエアーポンプチェックバルブの症状

不良または不合格のエアーポンプチェックバルブの症状

二次空気噴射システムは、多くの道路車両に搭載された排気システムである。これは、車両の排気ガス排出を低減するために連携するいくつかのコンポーネントで構成されています。これらのコンポーネントの1つはエアポンプチェックバルブです。エアポンプ逆止弁は、エアポンプから供給された空気を排気流に圧送して、炭化水素および一酸......

次の記事

ディファレンシャル/ギヤオイルはどれくらい前に終わりますか?

ディファレンシャル/ギヤオイルはどれくらい前に終わりますか?

差動装置は通常、車両の後部と車の下にあります。ディファレンシャルオイルやギヤオイルを潤滑油にして、適切に作動させ、スムーズに走行することが不可欠です。所有者の説明書に別段の記載がない限り、油は30,000から50,000マイルごとに交換する必要があります。......